空と海と太陽の心

こんにちは!
南部です。
いきなり、詩人みたいなタイトルでしたが、この意味はブログの最後にわかります。
時に、太陽のギラギラさに心を噴気させられ、
時に、お月様の光に心癒されることがあります。
どんな時だって、順風満帆なんてことはない。
いつも足りないからこそ、人の暖かみを感じ、
一人じゃ、なにも出来ないからこそ感謝を覚えます。
日本人って、どんな国民か知ってますか??
どこの国の人に聞いても、自分の国がどんな国かを答えられるのに、
日本人は意外と答えられない人が多いようです。
答えは、
もちろん
日の本の国
「太陽に感謝する民族」です
昔、お母さんのことを
「かかさま」と呼んでました。
漢字に直すと「日日さま」
太陽が恵みをもたらすように、
母は子供という恵みを大地に生みます
お父さんのことを昔なんて呼んでいたか?
「ととさま」です。
これは「尊尊さま」
これは、
太陽(母)を尊ぶ人
まさに、男性はやっぱ母ちゃんに勝てないようになってるみたいですね(笑)
「太陽の民族」
なんて誇り高いんだろう。
今、世の中は暗い暗いと言われますが、
どんな時だって、そんな時だからこそ、
太陽のように輝いて、
誰かに光を照らしていきたいですね♪
太陽の心
皆様にプレゼントします
538096_386522468065481_305181296199599_1155902_1967711385_n.jpg

本日も満一を支える世界中の全ての方々に感謝っ!!合掌っ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です