オススメ映画~『影武者』

おはようございます。


東日本統括マネージャーのあさかわです。


三連休最終日の今日は、いつもと趣向を変えて、私の好きな映画をご紹介します。






以前私は、黒沢明監督の映画を立て続けに観ていた時期がありました。

23歳の頃です。


当時、映画も小説も、古典と呼ばれるものや、
70~80年代の作品に傾倒していました。





なぜ、世界的に評価されているのか―。

その理由をぜひとも知りたいと思って、最初に手に取った映画がこれ。




『影武者』です。
















大好きな大型歴史時代劇。


しかも主人公が、私の地元・山梨県の英雄、武田信玄。


黒沢映画への入り口に、これ以上の作品はない。


と意気込んで観はじめた記憶があります。











冒頭シーンの衝撃は、今でも鮮明に脳裏に焼き付いて忘れられません。




迫力のある一人の戦国武将が淡々と語っています。

徐々にカメラがズームアウトするにつれて、隣にはもう一人、姿かたちが瓜二つの戦国武将。


つまり、影武者が横に座っていて、その二人が会話しているわけです。

静かな迫力に、一気に惹きこまれました。







そして何よりも、

あの混沌とした色彩や映像美には、心の底から感動をしました。

まるで絵画作品を見ているような色遣いに、

「これこそが芸術なんだ」と素人的にも感じ入りました。






思うに、画が哲学をしているように感じたのです。

日本人的な混沌とした、複雑な感情や情緒が表現されているように感じました。









そんな、『影武者』は、カンヌ国際映画祭でグランプリも受賞した名画で
す。






まだご覧になっていない方。

休日にぜひその世界に浸ってみてはいかがでしょうか。






それでは。

今週も、素敵な一週間を送ってきましょう!

満一グループは、そんなみなさんの日常を、

ラーメン一杯で彩っていけたらと思っています。






満一を支える世界中全ての方々に感謝っ!!合掌っ!!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です