原点に返る

こんにちは。


東日本統括マネージャーのあさかわです。









『原点に返る』。


何かに迷った時、私がいつも意識していることです。







結局のところ、自分はどんな人間として生きていたいのか。

どんな人間として、関わった人たちに記憶されたいのか。

いつの日か老年となり、人生の集大成として自伝を書くときに、どんなことを書いていたいのか。




これが私が立ち返る原点です。












もちろん、お店も同じ。

「どんなお店として、お客様に記憶されたいのか」。

これを考えることは絶対的に重要です。







なぜなら、この原点を持つことで、

選択にブレることや落ち込むことなどは一気に少なくなり、

あるべき道筋が明確に見えてくるようになるからです。








「自分がどんなに人間であると他人に記憶されたいかを考えることが重要だ―」

確か、ピーター・ドラッカーはこんなことを言っていました。









『原点に返る』。

何かに迷い、出口を見つけられずに袋小路に入り込んでいるとしたら、

意識していくことが必要です。










さあ!

今週も新しい一週間が始まりました。

圧倒的に盛り上がって、理想の毎日を過ごしていきましょう!!







本日も、満一を支える世界中全ての方々に感謝っ!!合掌っ!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です